読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかねのにっき

家計簿をのせます

ひとり旅-岡山・鳥取 前半

こんばんは。おばばです。

もう1年以上前ですが2016年2月に岡山・鳥取へ観光に行ってきました。
ひとり旅で自分の好きなところばっかり行って、すっごく楽しかったです!

突然楽しい思い出に浸りたい気分になったので、思い出しながら書いてみたいと思います。

岡山へ

新千歳空港から羽田経由で岡山空港へ。

新千歳空港に着いた時点でだいぶ浮かれていた私は、地元民であるにも関わらず石狩鮨の空弁を購入。
機内で食べていたところ、隣の外国人夫婦が私の食べる空弁を見て「Oh, SUSHI!」「Yeah!」みたいな事を言いながら、こちらをチラチラ。
ここで億するようじゃひとり旅は出来ない!と思い、ドヤ顔の笑顔を振りまいておきました。

到着

岡山空港からバスで倉敷へ移動。

この時点で夕方だったのでほとんど観光は出来なかったのですが、せっかく倉敷にきたので美観地区へ。
今さら気づきましたが、夕方のいい雰囲気だったのに1枚も写真撮ってない!
お土産やさんも到着したころにちょうど閉店で、ただ散歩しただけで終了です。

今回の旅のメインイベントの1つである「青山剛昌ふるさと館」の予習がてら、名探偵コナンのアニメを見返していたので
ここがコナンも来た美観地区か!とそこそこ楽しんで帰ってきました(そこかよw)。

宿泊先:ホテルサンプラザ倉敷

さて、本日の宿はホテルサンプラザ倉敷です。

駅近で安かったという理由での選択です。
マンションの1室をホテルとして貸し出していて、フロントでは普通にマンションの部屋の鍵を渡されます。

泊まった部屋は3LDKでした。

ひとりで3LDK。

居間と布団の敷かれた寝室が完全に別部屋です。それ以外に使わない部屋が2室。
テレビは居間と寝室に計2個。
贅沢すぎる。。。というか、一人で借りる部屋じゃ無い。

洗濯機と洗濯物干し用の道具もあるし、電子レンジもあるし、もの寂しい以外はなかなか便利でした。
長期滞在向けなんでしょうね。

地元スーパーを偵察

晩ご飯は近くのアリオ倉敷で適当な惣菜を買って食べました。
旅先でスーパーに行くと地域性が出てるのが見えて結構好きなんですが、アリオはさすがに全国チェーンなだけあって地域性を見つけ出すことがなかなか出来ず。


しかし!!!パンコーナーで見つけましたよ!


そう!Pasco!!!


Pascoのイングリッシュマフィン大好きなんですよねー。
でも北海道ではなっかなか売ってない。

テンションは上がりまくりましたが、部屋に戻ってもトースターは無い。
トーストしたてが美味しいのに!
今買っても毎日パン持ち歩いて旅行して、帰ってから食べるのか?
ちょっと冷静になって買わずに帰りました。

本当に北海道でも売って欲しいです。

第一の目的地へ

さあ、2日目からは本格的な観光です。

朝7時過ぎに倉敷駅を出発。向かったのは井倉洞です。

井倉駅に着いた時点で雨が降っていました。
しかし傘を持っていない!傘を売ってそうなお店もない!
しかたが無いので、フードをかぶって雨をしのぎながら15分ほど井倉洞へ向かって歩きました。

井倉洞

井倉洞に到着したものの、こんな天候で朝一なので他にお客さんはひとりもいません。

でもそんな事を気にしてる余裕がない。
雨に濡れて体力が奪われていたので、濡れないところへ行きたい。とにかく早く入洞したい。

ロッカーに荷物を預けてさっそく中へ。

当時の外気温を気象庁のホームページで調べてみたのですが、どうも4度くらいだったようです。
対して洞内は11度くらいあります。
f:id:mfkwttr28:20160220092616j:plain:w150
というわけで、鍾乳洞の中は快適です。
夏は逆に洞内の方が涼しくなります。

洞内

中に入って何を楽しむかというと、私はこういうのを見るのが好きです。
f:id:mfkwttr28:20160220092859j:plain:w300
なんか良くないですか?この鍾乳石が育っていってる感。

こういうのも。
f:id:mfkwttr28:20160220093153j:plain:w300
これが形成されるまですごい年月がかかってるんだなーとか思ったりして。

鍾乳洞の成り立ちとか全然仕組み分かってないんですけどね。
年月がかかるっていうのはわかります。

あとはこれ。
f:id:mfkwttr28:20160220093401j:plain:w300
特徴的な場所や石に謎の名前がついてるんですよ。

一番分からなかったのはこれ。
f:id:mfkwttr28:20160220093951j:plain:w300
解説には「三人が寄り集まって会議をしています。」と書かれていました。
どれが三人か分からなかった・・・。


公式ホームページの洞内の案内によると探勝時間(ていうんですね)は約40分ですが
写真を撮りまくりながら進んでいたのと、次の目的地へのバスの時間の兼ね合いもあってかなりゆっくり見て回りました。たしか2時間くらいかけたはず。
なのに誰にも追い越されない。

お客さんはそこそこいるだろうと思っていたので、いくら観光用に整備された鍾乳洞とはいえ後半は少し不安になってきました。
そんな中で撮った写真がこれ。
f:id:mfkwttr28:20160220095820j:plain:w300

撮った写真を逐一確認しながら進んでいたので、これを撮った時もすぐに確認したんですが、ぱっと見真ん中あたりが人影みたいに見えてしまって・・・。
ちなみに洞内は水が流れているところがあったりして、そこだけ色が変わってる所があるんです。
ここもそうだったと思うんですが、人がいなさすぎてちょっと寂しい気持ちになってたんですね。
「ヤバいもん写った!」と思った私は、ここからは写真1枚もとらずに逃げるように出て行きました。
ほんと冷静になったら全然違うんですけどね。


レストハウスで休憩

そんなこんなで洞をでたのが11時ごろ。
バスの出発まで50分以上あるので、レストハウスで早めのお昼ご飯です。

食べたのは、ニューピオーネカレーでした。
ニュー・ピオーネカレー(箱入) 岡山県岡山市 【北海道から九州まで全国ご当地カレー】
(写真撮ってなかったので、Amazonの商品の写真貼っておきます)

レストハウスおばさんおねえさんが「カレー自体はピリッと辛口で、そこにピオーネの甘さがマッチしてなかなか美味しいのよ!」とのことなので、勧められるがままに食したのですが、美味しい!!
たしかにカレーは辛口なんですが、ピオーネの甘さでとっても食べやすかったです。でも辛さは後に残る感じで辛口カレーを食べた満足感がありました。
ピオーネは果肉丸ごと何個か入っていました。

カレーを食べ終わってからも時間が余ったのですが、レストハウスおばさんおねえさんが井倉洞やこの後行く満奇洞の魅力をいっぱい教えてくれました。
実際、年に1回くらいは足を運んでいるんだそうです。すごく地元愛が伝わってきました。

第二の目的地へ

井倉洞から満奇洞にはバスで40分ほど。
1日3本しかないバスなので、旅行日程はこのバスの時刻表を基準にして決めていきました。

バスは山の中の集落と集落の間を走っているようで、乗客は地元の方と思しきおじいちゃんおばあちゃんや中学生だけでした。

満奇洞

満奇洞に着く頃には12時半を過ぎていたので、観光客もちらほらといました。
駐車場もあるので、車で来る人が多いようです。


井倉洞は高低差があって上に広がる空間があったりしたのと対称的に、満奇洞は横に広がった洞で、中は冒険するというよりも博物館を回るみたいな気分で見られます。
そういえばレストハウスおばさんおねえさんも「井倉洞はごつごつして天井も高くて男らしいんだけど、満奇洞は綺麗でやわらかい雰囲気にライトアップされていて女性的って言われる洞なのよ」とおっしゃっていた気がします。

帰りのバスが40分後だったのでゆっくりできず、あまり写真が撮れてません。
これが一番空間の広がりがわかるかなぁ。
f:id:mfkwttr28:20160220124622j:plain:w300
舟が渡せそうですよね。

これまで見てきた鍾乳洞は井倉洞・満奇洞を入れて4つしかないのですが、こういう横に広がるタイプのところは初めてだったので新鮮でした。

鳥取

そそくさと帰りのバスにのって井倉駅に戻り、電車で鳥取県倉吉市へ。

目的地はティーラウンジ・ダイアナ。
そう、ひなビタ♪でおなじみのちくわパフェ!

ち・く・パ! ち・く・パ!
C・K・P! C・K・P!

ティーラウンジ・ダイアナ

ダイアナに着いた時には18時を回っていました。
早めのお昼にニューピオーネカレーを食べてから何も食べてなかったので、かなりお腹が減っています。
ちくわパフェの前にまずはトルコライスです。
f:id:mfkwttr28:20160220182224j:plain:w300

マスターは「これ名前はトルコライスだけど長崎名物。でもここは鳥取。」とおっしゃっていました。
うん、そうですね。なんでトルコライスなんだろう。
でも美味しかったです!

ちくわパフェ

そして本日のメインディッシュ!ちくわパフェ!!

f:id:mfkwttr28:20160220184409j:plain:w300

こっちから。
f:id:mfkwttr28:20160220184416j:plain:w300

こっちからも。
f:id:mfkwttr28:20160220184425j:plain:w300

ちくわの中にも生クリームがつまっています。
f:id:mfkwttr28:20160220184509j:plain:w300


味はあまり期待してなかったのですが
・・・意外といける!!
とうふちくわの塩味と生クリームが絶妙なバランスです。

店内にはちくわパフェを食した人の交流ノートがあったり、ひなビタ♪のポスターが貼ってあったりとひなビタ♪ファンはもちろんウェルカムな雰囲気です。
マスターからはちくパおじさん名刺もいただきました( ^ω^ )

帰り道

マスターはほんと気さくでいろいろお話してくれます。
常連さんも何人かいらっしゃったのですが、一緒に喋ったりしてアットホームなお店でした。

ちくわパフェを十分堪能して帰ろうとしたところ
どうやって帰るの?と聞かれたので、近くのバス停からバスに乗って駅に向かうことを伝えると
「この人もうすぐ帰るから、送っていってもらいなよ」と常連さん。
そして、もう一人の常連さんが「おぉ、いいよ!」

まじすか(・Д・)ノ

なんと駅まで車で送っていただきました!

いやもうね。本当にみんなやさしいんですよ。そして優しさが自然なんですよ。
遠慮のない私は、「ありがとうございますっ!」ということでお言葉に甘えて駅まで送っていただきました。

ちなみに道中で、倉吉のおすすめのお土産を聞いた所
「何もないんだけどなぁ。梨も時期じゃないし、打吹公園だんごくらいしか・・・」とのこと。
買おうと思ったのですが、あまり日持ちしないみたいなので断念しました(>_<)。

最後に

倉吉は昨年の地震で大きな被害がでましたね。
いい人ばかりでまた行きたいと思っていた倉吉ですので心配です。
元気な倉吉をまた見に行きたいです。

米子のホテルまで戻ってきて、2日目は終了です。

後半は、青山剛昌ふるさと館と水木しげる記念館に行きました。
また近々アップしたいと思います。



ではでは。